2017年4月27日木曜日

第23話 寒さの楽しみ方


こんにちは。

山形も少しずつ暖かくなってきましたね。
近所の桜も散りはじめ、季節の流れを感じます。

今思えば、東北ならではの冬を生きる知恵や、
山形ならではの冬の楽しみ方は多かったんだなと実感しています。
春の陽気のなかで、寒いからこそ感じる温かさを思い出します。

とは言え、やはり朝方と夜は、なかなかまだ寒い。
寒いからこそ面白い山形の楽しみ方、ラストスパートです!


今回は「紅弥」を紹介します。

連日賑わう、山形の新たな名所ほっとなる横丁にお店はあります。
店内は、10人座ればいっぱいになってしまうような、コの字型のカウンター。

絵本作家・荒井良二さん直筆の絵が飾ってあります






















ほっとなる横丁独特のシステムとして、お店にいながらにして、
別のお店に注文が出来るので、まさにメニューは選び放題なんですが、
このお店に来たからには「おでん」がおすすめ!

たくさんのおでんと、ジョッキで飲みたいほど美味しいスープ

















僕は、これまでおでんと言えば、
家かコンビニのものしか食べたことがなかったのですが、
紅弥のおでんは、そのどれとも違う塩味。

あっさりとしていながら、出汁の強烈なうまみを感じるスープは、
素材の美味しさを存分に引き立てます。

紅弥には、このスープに惚れ込んだお客さんも多く、
そんな方のためのドリンクメニューが存在します。

それは「スープ割」という、日本酒を紅弥のスープで割ったもの。


日本酒独特の、体が内側から温められるような感覚と、
紅弥の美味しく温かくスープが忽然一体となって、
寒い体もすぐに隅々まで温まります。

気に入った切子ガラスでいただくスープ割は格別






















また、珍しいメニューとしては、
バジルと黒コショウでいただく「トマトのおでん」もあります。

スープが美味しいと、どんな素材でも受け入れられるんだなと、驚くほどの相性。
一見ポトフのような見た目ですが、しっかりおでんとして美味しいです。

他ではなかなか食べられないトマトのおでん

















どれもお手頃な価格で、
お会計の時に「え、あんなに食べたのに、こんな値段でいいの?」
と、驚いてしまうのも、こうしたお店の嬉しいところ。

ここでは紹介しきれないほど、具だくさんのおでんがあるので、
是非直接食べに行ってもらいたいんですが、
なんと紅弥のおでんは4月まで!

直接確認したところ、「寒いうちはまだやってるかも」とのことだったので、
まだ夜が寒いうちに、山形の寒さを楽しみつくしてみてはどうでしょうか?

 (文・写真 北嶋孝祐)

--------------------------------------------------------
紅弥 味の里~やまがた~
住所 山形市七日町2丁目1-14 山形屋台村 ほっとなる横丁
営業時間 20:0024:00
定休日 日曜日

2017年4月19日水曜日

第21話 水のある街、七日町。

新年度が始まり、早くも3週間が経とうとしています。
新しい生活にもそろそろ慣れてきた頃でしょうか?
無理はせずリラックスしながら生活していきたいものですね。



ところで話は変わりますが、皆さんは七日町といったら
どんな姿をイメージしますか?



少なからず御殿堰を思い浮かべる人がいるのではないでしょうか。



今日はその御殿堰について紹介します。



七日町御殿堰




もともと御殿堰は城濠への水の供給と生活用水・
農業用水の確保のため、築造されました。
今では七日町のシンボル的存在です。



実は、七日町を歩いているといたるところに
水が流れています。



住宅のあいだ



















こんな所にも・・・。



















水の音が聞こえる暮らしってなんだか
素敵だなと感じました。


(文・写真 湯川綾音)

2017年4月13日木曜日

第21話 見えない努力、伝わる魅力





おはようございます。

4月に入り、山形もずいぶん暖かくなってきましたね。

朝晩はまだ肌寒いですが、日中はもうコートなしでも出かけられる気温です。

この季節、新学期や新生活が始まったばかりの方も多いのではないでしょうか。

七日町もなんだかフレッシュな空気に包まれています。

私も今日は新鮮な気持ちで、早朝からまちを歩いてみましょう。




















なんだか七日町がいつにも増してきれいに見える。

そういえば、昨日が七日町の朝清掃の日だったっけ。


私も最近知ったことなのですが、七日町では毎月7日朝7時から商店街全体で朝清掃を行っているそう。

どうりで道が輝いているわけだ。

歩道の清掃は毎日行われているみたいだけど、それらしい人はもう見当たらない。

もっと早くから活動しているんだろうな、立ち会えなかったのはちょっと悔しい。




















七日町の皆さんが一生懸命まちをきれいにされているのがよく分かります。

本当に、すみずみまできれい。

そんな七日町だからでしょうか、朝からジョギングをしている方が多く見かけられました。

きれいな街並みと爽やかな空気。

私もなんだか走り出したくなってきます。




気がつくともう通勤通学の時間。

通学中の学生さんや会社に向かう会社員の方が増えてきました。

この中にもきっと新入生、新社会人がいることでしょう。

さあ、私も頑張らないと。


今日は朝から七日町に元気をもらいました。


皆さんもぜひ、朝の七日町で爽やかな空気と出会ってみてくださいね。




(文・写真 佐藤佑海)


2017年4月6日木曜日

第20話 ちいさな町のおおきな変化

いつの間にか春の暖かさが近づいて来ました。
厚着をしなくても過ごせるようになりつつあります。
とはいえまだ寒い日があるのも事実。
風邪をひかないようにしないといけません。



さて、なにかないものかと散策していると




一部の店舗やオフィスはありました























セブンプラザが閉まっていました。
1か月ほど前に来た時には営業してたのを見てたので驚きました。




反対側もシャッターが閉まってました






















そんなセブンプラザから少し歩いたとこにある
町歩きMAPにも掲載されてるとみた商店。
何か貼ってあったので見てみると




























移転するとのお知らせが。
まさか移転するとは思ってませんでした。





しかし閉店や移転だけではありません。
セブンプラザの反対側で建設中だった
オワゾブルー山形がほぼ完成していました。



























たった1か月なのに閉まってたり移転したり完成したりと
変化しているとは思いもしなかったです。







(文・写真 川村啓太)





2017年3月30日木曜日

第19話 口に広がる春の訪れ


こんにちは。

時が流れるのは早いもので、あっという間に年度末。
四月からは新しい生活がスタートします。

あたりを見ると、春物のコートを身に纏っている人もちらほら。

そんなぽかぽか陽気のなか、まちを歩いていると・・・
目に留まったのは「さくらもち」と「うぐいす餅」の文字。

そういえば今年はひな祭りの時に食べられなかったなぁと思い、
立ち寄ったのがこちらのお店。


七日町から文翔館を右に行った道沿いにある
「菓子の柴田屋」さんです。

菓子の柴田屋


















こちらのお店は、大正2年創業の老舗の和菓子屋さん。

創業100年以上というあまりの歴史に驚いていると、
「山形にはこういう長くやってるお店がいっぱいあるのよ」
と店主のお母さんがおっしゃっていました。
山形の魅力の一つですね。


暖かみにある店内



どれも美味しそうで迷ってしまいます


















こちらのお店ではオリジナルの和菓子も販売しています。

中でもオススメなのが「青嵐巻(せいらんまき)」
本物の笹の葉に包まれたゆべしです。



左:青嵐巻 右:桜もち(こしあん)

















ゆべしの中にはあんことくるみが入っていて、
香りがとても良く、上品な味でとても美味しかったです。

桜もちは「つぶあん」と「こしあん」の二種類があり、
つぶあんはもち米、こしあんは皮で包まれています。



生菓子以外にも、お土産や可愛いお菓子がたくさん。


カラフルな金平糖

お土産にもピッタリ
































家族のお土産に…とあれもこれもと選んでいたら
つい買いすぎてしまいました。


年度の切り替えでなにかとバタバタしてしまうこの季節。
和菓子とお茶でホッと一息つきませんか?


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

菓子の柴田屋
山形市七日町3-4-10
023-622-5532
営業時間 9:00~18:30
定休日 第1・3日曜日

2017年3月23日木曜日

第18話 懐かしい存在

みなさん、こんにちは。




さて、突然ですが、ここで皆さんに質問です。
「以前はよく見たけど、最近滅多に見なくなったもの」
と聞いて、何を思い浮かべますか?




電話ボックス…

円筒形の郵便ポスト…

黒電話…

人それぞれ思い浮かべるものは違うと思いますが、
その中でも「駄菓子屋」を思い浮かべる人は
多いのではないでしょうか。




今回は、そんな今ではちょっと珍しくなった
「駄菓子屋」をご紹介します。




そのお店がこちら。



【夢駄菓子屋 かわい】



















七日町にひっそりと佇む一軒の駄菓子屋。
【夢駄菓子 かわい】さんです。




学生にはあまり馴染みのない雰囲気に少し緊張しながらも、
早速入店してみます!




お菓子やプラモデルなどがズラリ!
















昔ながらのお菓子が陳列されています



















この駄菓子屋さんが開業したのは平成9年。
約20年前から、七日町の発展を見守り続けてきたお店です。




あれも、これも食べたい、ついでにこれも…
ついつい買いすぎてしまいました。




幼い頃よく食べたものばかりです




















これだけ買っても、なんと150円!
10円ガムなど、値段の安さも「駄菓子屋」ならではですよね。




「駄菓子屋」が持つ独特の雰囲気は、学生や若い方々には
懐かしさとともに新鮮さをもたらしてくれます。




どんな世代にも愛され、人々の心に癒しを与える。
そんな魅力が、ここ「駄菓子屋」にありました。




皆さんも、ぜひ足を運んでみてはいかがでしょうか?


(文・写真 迎田崚真)


【夢駄菓子 かわい】
住所  :山形市七日町5-10-7
電話番号:023-622-6429
営業時間:10:00〜18:30
定休日 :無し
駐車場 :無し


2017年3月16日木曜日

第17話 あたたかなコーヒーと……

こんにちは。


山形も少し暖かくなったなと思っていたら、昨日の降雪に驚いてしまいました。
春もまだ少し遠そうで、ちょっとずつ近づく様子にやきもきしてしまいます。


なかなかはっきりとしない季節の中で、気も急いてしまいますが、
そんな時こそゆっくりとした一時を過ごしてみては如何でしょうか?


今回は「Jin Coffee Shop」を紹介します。


山形の名所・文翔館の真横、砂利の路地を進んだ先に、お店はあります。

二階に猫カフェのあるビルの奥にお店はあります






















暖かな光が漏れだす外観

















店内は、オーナーの厳選した家具や絵画、音楽とともに、
コーヒーのいい香りがあふれています。

あたたかな光の中で、
まるでここだけ時間がゆっくりと流れているような贅沢な雰囲気に浸れます。

オーナーの人柄が反映された素敵な空間

















メニューはコーヒーのほかに紅茶やお菓子があります。
今日は霧のブレンドをいただきました。

おまけのお菓子も美味しいです

















コーヒー独特の苦みが、さわやかな酸味と綺麗に調和し、
舌にわずかな甘みと余韻を残して消える様は、まさに霧のよう。

コーヒーが苦手な方でも、飲みやすいコーヒーなんじゃないかと思います。


つい、一回二回と、意識せずに、ごくごくと飲んでしまいました。
気が付いたら、カップがもう空に……。

こんな居心地のいい空間を後にするのは名残惜しいですが、
お店を出ようとしましたが、


オーナーが「もう少し、ゆっくりしていったらいかがですか?」と、にこやかに一言。
思わず「いいんですか?」と、顔をほころばせてしまいました。


その時、このお店の居心地の良さの本質に触れられたような気がしました。


このカフェで得られるのは、美味しいコーヒーだけではなく、
お店で過ごす上質な時間や体験、そのすべてなのです。


忙しく流れる時間の中で、時に忘れてしまいそうになる大切なものが、
慈しまれているような空間だからこそ、
お客さんがみんな笑顔で自分の時間を生きられるんだと思いました。


サービスでいただいた紅茶を、今度こそゆっくりと味わいながら、
お店の空間ごと、じっくりといただきました。

サービスの紅茶






















お店を出る頃には、お腹と心が、じんわりと温かくなっていました。
外の肌寒さも、今はもうアクセントの一つとして楽しめてすらいられます。


気忙しく流れる時代のなかでこそ、
時にはほっと一息つく場所が必要なんじゃないかと思います。

特に、自分の時間やリズムを忘れてしまいがちな方は、
ここらでひとつチューニングも大切なんじゃないでしょうか?

そんな時には、ぜひこのJin Coffee Shopで、暖かなひと時を過ごしてみてください。
きっと、美味しいコーヒーと一緒に、素敵な体験を得られるはずです。

 (文・写真 北嶋孝祐)

--------------------------------------------------------
Jin Coffee Shop

住所 山形市旅篭町3-5-6
営業時間 14:00~19:00
定休日 土曜日