2017年1月19日木曜日

第09話 本とお茶、ときどき羊羹。





こんにちは。

山形は厳しい寒さが続きますが、皆さん体調はいかがでしょうか。

私はこの寒さを言い訳に新しいコートを買ってしまいました。

今日は新しく買ったコートを着て、七日町を歩いていきたいと思います。















今日はあいにくの曇り空。

静かなまちには、今にも時計の針の動く音が聞こえてきそうです。


文翔館の門をくぐり、庭を通り抜け、今日はこっちに歩いてみよう。


まちがしんとしているせいか、自分の足音がいつもより大きく鳴っています。

ぎゅっ ぎゅっ ざく ざく















ふと顔を上げると、そこにはお店が。

窓から温かい光が溢れています。

今日はここにしよう、私は自然とそう思いました。


中に入ると、書房という名の通りたくさんの本が並んでいます。

歴史の本、物語、雑誌に絵本まで。

表紙を眺めているだけでもわくわくするような本がいっぱいあります。


席に座ると、奥から出てきたお店のご主人がメニューを持ってきてくださいました。

私はそのメニューを見てびっくり。

見た目が文庫本そのものだったので、はじめメニューだとわかるまでに少しかかりました。

可愛らしいメニューなので、皆さんはぜひお店で見てみてくださいね。


さて。

緑茶と羊羹を注文したら、本を選びます。

ここ紙月書房さんでは買っても買わなくても本棚から自由に本をとり、

自分の席でゆっくり読むことができるそうです。

注文したお茶とお菓子がテーブルに運ばれてきたら、至福の読書タイムがはじまります。

本を読み、羊羹を一口。

そうしてゆっくりと時間が過ぎていきました。















気がつくと、もう1時間も経っていました。

あまりの居心地の良さにお店を出たくなくない・・・

外はもう暗くなっています。

仕方ない、今日はここでお暇しましょう。


また来ます。

そう言って店を出ました。

冬の夜は寒さが厳しく、なんだか寂しい気持ちになります。

またあのお店に行きたいな。

そう思いながら、私はまた歩きました。




紙月書房

🏣 990-0054  山形市六日町7-53

・ 営業時間 / 10:00~19:00
・ 定休日 / 毎週火曜日&第2・4水曜日
・ 駐車場 / 有
・ ホームページ / kamitsuki.jp


(文・写真 佐藤佑海)



2017年1月12日木曜日

第08話 老舗の味を、音楽と共に


皆さん、こんにちは。




新しい年がスタートして約2週間。
静かだった街にも、だんだん活気が戻ってきました。




すっかり日も落ちた頃、七日町付近を散策していると…




向こうに小さくコーヒーの絵が…




















どうやら喫茶店のようです!



















気になるお店、見つけました。
その名も、「シャンソン物語」
1984年にオープンし、今年で創業33年を迎える喫茶店です。




この喫茶店、なんと店舗は緩い傾斜の階段を降りた地下にあるのです。
早速行ってみましょう!




いざ、入店



















店内はシャンソンが流れるなんともレトロな雰囲気。
リラックスできる空間が広がります。




店内にはアンティークな家具も




















この店の人気メニューという【ワッフルと日替珈琲のセット】を注文してみました。




美味しそう‼︎



















外はサクサク、中はふわふわな焼きたてワッフルに、濃いめのコーヒーがよく合います。
今にも頰が落ちてしまいそうな美味しさに感動しました。




このセットで、価格は1050円。
少しお高めですが、ちょっとした贅沢に、自分へのご褒美に、ぜひいかがでしょうか。




懐かしさを感じる空間で、至福のひと時、味わってみませんか?




住所:  山形市旅篭町2-2-25
電話番号:023-641-6395
営業時間:平日    11:00~19:00
     土曜・祝日 12:00~18:00
     日曜    14:00~18:00
定休日: 無し
駐車場: 無し

(文・写真 迎田崚真)

2017年1月5日木曜日

第07話 正月のまち

あけましておめでとうございます。

今年もまたブログを更新していきますのでよろしくお願いします。




さて、今回の取材は正月だったので年が明けて間もない七日町を散策することにしました。

薄々予想はしてたのですが閉まっているお店ばかりでした。


人気を感じません


案の定大沼デパートも休みでした


撮影に行った時には市役所も閉まってました

















ほっとなる広場もおやすみの店ばかり


















町全体が静まり返ってるというわけでもなく、一部の店は通常通り営業していました。

そして歩行者はぼちぼちと、また多くの車が七日町を通っていて、

わずかにですがにぎわっていました。

いつもよりは静かな、だけど滅多に見れない特別な七日町を見ることができました。




今年も1年、よろしくお願いします。


(文・写真 川村啓太)

2016年12月22日木曜日

第06話 まちの可愛いお花屋さん


早いもので、今年も残りわずかとなりました。
2016年は皆様にとってどのような1年になりましたか?

山形にも積雪があり、遠くの山々は雪化粧をしています。
寒い冬の日は、たまの晴れ間に幸せを感じますね。


そんな冬の晴れた日の七日町をお散歩。

クリスマスソングが聞こえるなか、まちを歩いていると・・・

ふと可愛らしいお店を発見。



七日町のお花屋さん「Hanazono」です。

可愛らしい雰囲気の外観



お花はクリスマスのプレゼントにもぴったり。
そのなかでも、店員さん一番のオススメはプリザードフラワー

ギフトに大人気




特別な方法で一度色を抜いた後に、色を入れるのだそう。
生花にはない色が表現できるのも魅力のひとつ。
そして生花との一番の違いは、環境を整えてあげれば、
生花のように枯れることがないというところ!(紫外線や湿気に注意)

クリスマスカラーのプリザードフラワーも



















そんななか、目に留まったのがこのカラフルなバラ。

これは一体・・・?


なんとこのバラ、生花なんです。
普段から置いてあるわけではなく、注文があった時や特別な時に仕入れるのだそう。
なんだか特別なモノを見れて、幸せ気分になりました。



大人だけでなく、お子様にもオススメなのがこちら。

ブーケのお花は入浴剤♪


こんな可愛いプレゼントをもらえたら嬉しいですよね。




そして、お花はもちろんのこと、こちらのお店はオーナメントがとても可愛らしいのです。

写真右上のカエルさんに一目惚れしてお持ち帰り



こんなところにもサンタさん
















みなさんも、大切な人や普段お世話になっている人への贈り物に、
素敵なお花をプレゼントしてみてはいかがでしょうか?



さて、このブログも年内最後の更新となります。
「まちなかガイドブログ」をご覧いただき、ありがとうございました。
来年も引き続き、七日町の魅力をお伝えできるよう精進します。

それでは皆様、良いお年をお迎えください。


(文・写真 山下真侑子)

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
Hanazono   FLOWERGALLERY

住所   山形市七日町3-3-45
TEL:023-622-4587     FAX:023-622-4539
営業時間 9:00〜19:00
定休日 日曜日

2016年12月15日木曜日

第05話 寒い冬には美味しいビールを



こんにちは。



ここ数日、冷え込みが厳しくなって、冬の決心がやっとつきました。
コートを厚手のものにしたり、手袋を買ったりと、
これからやってくる山形の真冬の準備を着々とすすめているところです。



なにかと引きこもりがちな季節ですが、
そんなときに体を内側から温めてくれるのは、美味しいお酒。



今回は「Beer Storage」をご紹介します。


静かな温かさを感じる外観


















もともと、七日町の名物パブとして
人気を博していた「London亭」というお店が、
今年の春に移転して、ビール専門店としてリニューアルしています。


上の黒板には現在入荷している生樽の説明が書かれています


















ヨーロッパを中心とした海外ビールが
常に100種類前後用意されており、まさに”Beer Storage”(ビールの倉庫)




ビールが苦手な方でも、
ここに来れば必ず好みにあったビールを楽しむことが出来るので、
「ビールは苦いから嫌い」という人にこそ、行ってもらいたいお店です。


世界各国のビールそれぞれに一言メッセージが






















その中でも、僕が特におすすめしたいのが、7つ前後用意された生樽!
今回は、国内限定100樽というアンカー社のリバティエールを注文しました。


マスターが直接生ビールを入れてくれます






















このように、国内ではなかなか飲むことの出来ない限定ビールや、
良い意味でビールらしくない味わいのビールが飲めるのは専門店ならでは。




今回飲んだリバティエールも、非常にフルーティな風味で、
一般的なビールが苦手な方でも美味しく飲むことが出来ます。




また、ビールに合うアラカルトもあるので、
小腹の空いた方はぜひ。



時々メニューにも限定品が入ります!






















人気店なので、生樽はすぐに空いてしまい、
すべてを追いかけるのは、学生にはなかなか難しいと思います。
Beer StorageFacabookページをチェックして、
好みの風味のビールが入荷した時に、
自分へのご褒美として訪れてみてはいかがでしょうか?

 (文・写真 北嶋孝祐)

--------------------------------------------------------
Beer Storage

住所 山形市七日町2-7-30 藤ビル1F
TEL 023-625-2232
営業時間 [月~金]11:0013:3018:000:00
 []17:000:00
定休日 日曜日

2016年12月8日木曜日

第04話 冬の灯り


師走を迎え、なにかと気ぜわしい毎日ですが皆さんはどうお過ごしでしょうか。


七日町でもコートやマフラー、手袋などをした人が多く見られ、いよいよ本格的な冬の訪れを感じます。




今日はそんな冬の夜の七日町を歩いてみましょう。







午後の6時、外はすっかり暗くなりました。


学校帰りの学生や会社勤めのサラリーマンが、いそいそと家に向かって歩いていきます。



















空を見上げると、まだ見えない星のかわりにイルミネーションが。



 

頭上を埋め尽くす光のカーテンと雪のような光の粒もまた、眩しいくらいに光っています。
 
 
歩いている人たちもこの幻想的な空間に、思わず足を止めていました。



気の早いサンタさんはもう窓の外で待っているようです。


今年はどんなクリスマスになるでしょうか、今からとても楽しみですね。




こちらは御殿堰の様子。


水に映る灯りがゆらゆら、と揺らめいて綺麗です。
 
 















おっと、ここにもイルミネーションが?



















と、おもったら軒先に干してある柿でした。


甘くておいしい日本のイルミネーション、柿のいい匂いが漂っています。






















冬らしい、きりっとした夜になりました。


さっきまで歩いていた学生やサラリーマンは、もう家に着いた頃でしょうか。


それでは、そろそろ帰るとしましょう。




七日町のイルミネーション、ぜひみなさんも見に行ってみてくださいね。




(文・写真 佐藤佑海)


2016年12月1日木曜日

第03話 まちの人に愛されるパン屋さん

本格的な冬の寒さが近づいてきた今日この頃。
みなさん風邪対策はしっかりできていますか?



ひんやりとした空気に季節を感じながら七日町をぶらり・・・



すると、レトロな雰囲気のパン屋さんを発見!


  
お店の名前は「プリンセス」。



水色と白のストライプが可愛い

















お昼時だったこともあり、さっそく入店。


中には焼きたてのパンがずらり




















私はコーヒーとお店の方のオススメのフラワーモンブランというパンを頂くことに。




カウンターのイートインスペースもあります















パンの中にはクリームがたっぷり


















お店は50年程前からやっているのだそう。
平日にもかかわらずたくさんのお客さんが訪れていました。



みなさんも美味しいパンでホッとするひとときを過ごしてはいかがでしょうか?


(文・写真 湯川綾音)


「焼きたてパンとコーヒーのお店 プリンセス」
営業時間 7:00~18:00
定休日  日祝日
TEL             023-624-0008
住所   山形市七日町3丁目5−18